前へ
次へ

体内でのインフルエンザウイルスの増殖は素早い

人間の体の中にインフルエンザウイルスが入り込むと、驚くほどの速さで増殖をしてしまいます。大体8時間ほどの時間があればウイルスは、なんと100倍にまで増えてしまうのですから油断はできません。たった1つかでのウイルスであっても、24時間というほんの1日の間に、体内で100万個にもなる計算です。インフルエンザの症状が出始めるのは、数が数千万レベルになってからですが、感染をしてから少し以外が動くもあります。発症をしてから3日も過ぎるとウイルスは増殖ではなく、今度は減少をしていくためです。しかし発症も早いために、ウイルスに感染をして発症をしてから、インフルエンザ検査はできるだけ早く、48時間以内には受けたほうが良いとされています。予防接種をすることで感染予防対策になりますが、もしも感染して症状が出たとしても、予防接種をしている方が症状は比較的軽いです。熱も38度まででないことがありますが、この点は注意も必要であり、周囲への感染予防のためにも医療機関の受診も必要になります。

Page Top